« 肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい (西山耕一郎著 飛鳥新社) | トップページ

2017年6月 6日 (火)

取調室の韓国人-女 司法通訳の現場 (中山あきら著 Amazon)

韓国人の特性、不法滞在者などの事情などについて知ることができました。

『・・・韓国社会では、仲間や同僚をかばう為の偽証は、罪ではないという感覚がある。だから韓国では偽証罪が非常に多い。
・・・韓国社会は金と権力のある者が、持たざる者を見下し、まるで昔の貴族のように幅を利かせて生きているところなのである。
・・・彼女たちが日本に来るのは、一言で言えば、金のためである。その方法としては、水商売が最も効率的な手段と考えられている。・・そういう水商売なら韓国でも当然存在する。しかし、韓国では、ホステスなどの水商売はかなり大変な仕事のようである。酔客からは飲酒や身体接触を強要されたり、店からは売上げやノルマをうるさく言われる。社会的な地位も最低で、他人にホステスをやっていることがわかれば、後ろ指を指されることになる。
・・・多くの韓国人にとって感じは、いまだに英単語以上に難解なものという認識があるように見える。
・・・金と力のある者が、持たざる者(不法滞在のホステスたち)の上にのさばるのは、日本の中の韓国人社会においても本国(韓国)と同様である。
・・・韓国の男性は整髪料を使わないので、髪がまっすぐ垂れた状態で、小学生のような髪型だった。また、えらが張って四角い顔立ちが多く、目も7~8割が一重瞼である。女性もやはり一重瞼が多く、化粧もほとんどしないか、派手目にするかのどちらかだった。特に印象に残っているのは、化粧した女性の真っ赤な口紅である。・・女性の場合、しゃがみ込むときに日本人なら内股になるが、韓国人は外股になることが多い。韓国の女性は、床に座るときにあぐらをかいて座ることが多いためだろうか。
・・・日本人配偶者、通称日配(ニッパイ)と呼ばれているこの滞在資格は、先にも書いたとおり、性風俗の仕事をしてもかまわないのだ。・・韓国クラブのガサ入れの時は、お客は何のおとがめもなく、そうそうに解放され、おまけに飲み代もタダになるという特典⁉もついていた。ところが、性風俗店のお客の場合、マッサージ嬢からどのようなサービスを受けたかを克明に証明してもらわないといけない為、簡単に解放されないどころか、鑑識からは裸の写真を撮られ、名前や住所も記録される。
・・・社会が何か一つの方向に動き始めると、口をはさんだり、自分の考えを言えなくなるのは韓国社会の大きな特徴だ。
・・・韓国デリヘルでは、未婚の若い女性を確保することは事実上困難といってよい。前述のように、風俗営業に従事できる資格というと、日本人の配偶者、永住者など、婚姻によって生じる資格など、どちらかといえば資格を得るまでに長時間かかる場合がほとんどである。合法的に営業しようとすれば、どうしても熟女と言われる既婚女性たち(30代~40代)が占める割合が高くならざるを得ない。・・逆に言えば、若い未婚の韓国人女性(在日を除く)が働いている店は、不法就労をさせている可能性が高いと考えられる。
・・・被疑者である彼女ら(彼ら)の特徴しては、罪の意識が薄いということ、日本で働くことを望んでいるという点がほぼ共通している。また、日本に住み続けることも強く願っているところがある。祖国で様々な偏見や差別に耐えながら暮らしていくことの窮屈さを思えば、多少の苦労や気遣いがあったとしても、日本にいる方がはるかにましなのだろうか。・・韓国人は非常に見栄っ張りで体面を気にする民族である。つまり、日本人が考えている以上にプライドが高いのである。・・韓国社会での経済的な格差や、今も残る前近代的な差別意識や偏見がなくならない限り、日本への不法な出稼ぎや残留行為はなくならないであろう。』

« 肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい (西山耕一郎著 飛鳥新社) | トップページ

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573547/65375081

この記事へのトラックバック一覧です: 取調室の韓国人-女 司法通訳の現場 (中山あきら著 Amazon):

« 肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい (西山耕一郎著 飛鳥新社) | トップページ