2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

みるみる心が晴れる 坐禅のすすめ (平井正修著 幻冬舎)

いろいろと気づかされるところがありました。自分でも参禅してみたいと思います。

『・・坐禅は何かを身につけるのではなく、逆にどんどん捨てていくものだからです。「放下着(ほうげじゃく)」、何もかも捨てなさい、という禅語がありますが、まさしくそれが坐禅の本分なのです。

捨てられるものは捨てる、捨てきれないものは抱えていく。解決しないまま抱えていけばいいのです。

同じことに出逢っても、怒りを爆発させる人と、おさめられる人、その違いは、じつは「呼吸」にあるのです。長くひと息「ふ~っ」と吐く。すると、心はスッと鎮まり、怒りの感情を包み込んでくれます。長く吐く呼吸。それはまさしく坐禅の呼吸です。

・・ほめられたからといって自分の価値が高まるわけではないし、けなされたからといって価値が下がるものでもないのです。周囲の声に対しては、開き直ってしまえばいい。

「至誠神の如し」。これは全生庵を建立した山岡鉄舟先生が好んだ言葉だといわれていますが、とことん誠を尽くすことが生きていくうえでもっとも大事なのだ、という意味でしょう。「誠」は誰かに尽くすのではない。自分自身に、その心に、尽くすのだ、と私は理解しています。そのとき、その場で、自分がやるべきことを一所懸命つとめる。それが誠を尽くすことです。

身体、つま「姿勢」は、いつでも自分の意思で整えることができます。姿勢が整えば、深く長い呼吸ができるようになる。呼吸が調っていくのです。そして、呼吸が調ってくると、心が調ってくる。

「平常心是道(びょうどうしんこれどう)」という禅語があります。ふだんどおりの心でいることが、道、すなわち悟りだという意味です。・・感情によって、さまざまに振れはする。しかし、おさまるべき場所がわかっていて、すみやかにそこに立ち返ることができる。それが「平常心」ということです。

精一杯にオンもオフもない。もちろん、緊張を強いられるとか、余裕を持って臨めるとか、心が弾むとか、心が塞ぐとか、場面や局面の違い、やることによる違いはあるでしょう。しかし、どんな場面でも、いかなる局面でも、一所懸命、精一杯やることはできます。

「天上天下唯我独尊」という言葉をそのまま解釈すれば、この大宇宙の中で自分が一番尊い、ということになります。しかし、お釈迦様がみずからの尊さを自慢げに語るということがあるでしょうか。この「我」は人間すべてのこと、つまり、人間一人ひとりはすべてかけがえのない存在であって、命をいただいたというそのことだけで尊いのだ、ということです。

禅宗でも臨済宗と曹洞宗では坐禅のしかたが違います。臨済宗は二人が向き合って坐禅をしますが、曹洞はそれぞれが壁に向かって坐る。着衣も、臨済は絡子(らくす)とういう略式の袈裟でおこないますが、曹洞では通常の袈裟です。一番大きな違いは、「公案」をもちいるかどうかです。曹洞は、「黙照禅」といって、「只管打坐」、文字どおり、ただ、ひたすら坐りますが、「看話禅(かんなぜん)」と呼ばれる臨済では公案をもちいます。

アスリートは誰でもスランプに陥ります。そのとき、そこから抜け出すためにおこなうのは、新たな技術を身につけることではありません。自分の原点、、自分にとっての基本に立ち返ることです。崩れたバッティングフォームも、なえたしまった闘争心も、基本に立ち返ることなしには、修正できない、蘇ることがない、のです。

不動心とは、心を動かさないで行動することではありません。どんな行動をしているときも、そこに一体となっている心があることです。

なくなられたのは翌日でした。その報に接したとき、私が思い出したのは師と最後に交わしたこんな会話でした。 「いつでもいてくださるのでありがたいです」 「お前はいくつになった」  「40歳になりました」 「いつまでも頼るな」 遺言だと思っています。

・・念は、一度出ると、つながっていくのです。禅では「念を継ぐな」という言い方をしますが、その念がつながってしまうのをなんとかしなければなりません。 ここでも呼吸です。わいてきた念を、呼吸とともに吐き出してしまう。吐き出してしまえば、念にとらわれることはなくなります。

瞑想するときには目を閉じますが、坐禅では「半眼」といって、目をなかば開けている。完全に閉じることはありません。

・・坐禅では何かを”思い浮かべる”ということはしません。坐禅をしている「いま」に、心と体をひとつにする。

坐禅というかたちの中に身体も心も一緒にある、というのが坐禅の本来の姿です。

「身心一如」といいますが、本来、身体と心は一体のものなのです。しかし、ばらばら、ちぐはぐになってしまっていることがとても多い。だから、坐禅を通して、その本来の身体と心の在り様に立ち返ろうとするのです。

禅問答のようになりますが、坐禅をしているときだけが坐禅ではないのです。そのときの心を持って、すべてのことにあたる、すべてのことをなしていく。それを禅では、行住坐臥は修行である、というのです。

・・苦しさも、哀しさも、自分が考え出したものにすぎないのです。だから、その考えを捨ててしまえば、スパッと断ち切ってしまえば、そこから離れてしまえば、何のことはないのだが、そうはいかないのが人間です。そこで、公案や法話で心の泥を落としやすくする。

心や身体を全体的に治療するホリスティック医学の名医、帯津良一先生は、「一日100回、呼吸に気を使えば、とても健康になります。」とおっしゃっています。坐らなくても、坐禅の呼吸はできます。しかも、いつでも、どこでも、できる。』

2014年4月27日 (日)

闇の穴 (藤沢周平著 新潮社)

久しぶりに藤沢周平を読んでみました。うーん、時間を忘れて読むことは出来ましたが、内容は今一つ、と感じました。人物に関する考察が浅いか、それほどの魅力のある登場人物自体がいなかったためか、どちらかでしょう。映画化された作品「小川の辺」もありましたが、私には、中途半端に感じられました。

『外は海の底のように静かでした。あんな静かな雪の夜なんて、もう沢山ですよ、旦那。あんな怖いものはありゃしません。あたしは眼を塞ぎ、両手で耳を塞ぎました。』

2014年4月 5日 (土)

羆嵐 (くまあらし) (吉村昭著 新潮社)

自然の厳しさ、そして先人たちの苦労などをしみじみ感じました。

『「最初に女を食った羆は、その味になじんで女ばかり食う。男は殺しても食ったりするようなことはしないのだ」 銀四郎は、片手で合掌しながら言った。

区長は、羆を仕留めた折にふりむいた銀四郎の顔を思い起こしていた。その顔には血の気がなく、口調は初めて羆撃ちの名手といわれているかれが、死の恐怖とたたかいながら羆と対したことを知った。その顔を眼にした区長は、かれの生活をのぞき見たように思った。銀四郎が羆に対して非力な存在であることを自覚しながら、銃一挺を頼りに羆を斃して生きてきたことに気づき、銀四郎に物悲しさも感じた。銀四郎が酒を飲んで荒れるのは、胸に巣食う悲哀をいやすためにちがいない。ことに前日仕留めた羆は銀四郎にとって類のない恐ろしい存在であったはずで、一層酔いが深いのかも知れなかった。』

2014年4月 4日 (金)

空飛ぶタイヤ (上)(下) (池井戸潤著 講談社)

書評にあったとおり、とても素晴らしい作品でした。ただ一つ残念だったのは、モデルとなった事件の結末が、小説とは異なり不幸なものであったことでした。

『かつて大企業にいた時、何に腹が立ったかといえば、そのうちのひとつは間違いなく人事だったはずなのに。くだらない奴が出世して、本当に実力のある人間たちが莫迦を見る世界。一体全体、上司も人事部もどこに目をつけているのだろうと、秘かな怒りはいつだって自分の腹の中で燃えていたはずだ。それがどうだ。いまや自分のアホな人事部並みときた。

「どんな組織だって、誰かがいわなきゃ動かない。みんなが、”自分ひとり頑張ったところで”って諦めてるから動かないだけよ。もし、そんなことがあるのなら、あなたがそれをいうべきなんじゃないの」

ビジネスの世界において、業績見通しや計画の達成は、手形の決済と同じである。きっちり果たしていくのが重要だ。しかも、一般投資家など、利害関係者が多い上場企業では当然、約束の確行を求められる。

・・益田の調子はひたすら軽い。卑屈なほど下手に出る人間というのを信用する気にならず、・・・

「そんなもん後回しです、先代は、とにかくスジを通さない奴は許さない主義ですから。そっちが優先。頑固でしたよね」

「親はいつまでもいきていない。困ったときに頼れるのは友達だぞ。だから友達はたくさん作れ。そして大事にしろ」が寿郎の口癖だった。

「情けねえなあ、俺は。こんなことでじくじくしちまってさ。だが、もうこれで泣き言はやめた」 赤松は、そう心に誓った。 「いつか風向きが変わるときが来ますって。それまで歯を食いしばってやれることは全てやるいまはそれしかない。違いますか?」

いま、世の中の会社の在り方は確実に変わってきている。自社に都合の悪いことは、隠蔽するのではなく、むしろ明らかにしていくことでしか顧客の信頼をつなぎとめることはできないのだ。

寒冷地の自動車が大容量のバッテリーを積んでいるように、銀行という職場環境に適応している井崎もまた毛の生えた心臓と図太い神経の持ち主だった。

会社とはそんなものではない。会社とは利益追求を第一義とする集団であり、タテマエでは世の中のルールを順守する姿をみせても、本音の部分でそんなことを」していてもたちまち利益は手の中からすり抜けてしまう厳しい組織だ。

会社を経営している者にとって、もっとも神経をすり減らす仕事はなんといっても資金繰りだ。

会社組織は、地位によって見え方がまるで違う。同じ職場にあって課長と係長でさえ、違う世界を見ている。会社には、目には見えない地図があるのだ。昇格がもたらすものは当たらな地図に他ならない。

赤松は気づいた。自分があまりにもスクープ記事を当てにしすぎていたことに、いつのまにか、自分で解決することをあきらめ、何もかもそれが解決してくれるだろうと期待していたことに。

待ってな、いまに悔しさを晴らしてやるからな。柚木妙子の面影を追うように、高幡は殺風景な警察署内に視線を漂わす。ふと今朝、訪ねてきた赤松の顔がそれに重なった。そのとき口にできなかった言葉をいま高幡は小さな声でようやく告げた。「ちくしょう。悔しいが、あんたのおかげだ」

いわゆる団塊の世代である巻田は、ご多分に漏れず学生運動で”挫折”した過去を持ちながらいったん体制に組み込まれるや、それに馴れきって牙を抜かれ、飼い慣らされた企業戦士だ。

「こんなことをして、もし何も出なかったら、神奈川県警はとんだ赤っ恥だよ。君。その覚悟はできてるんだろうね」 当たり前だ、この野郎。その傲慢な顔に向かって高幡はいってやりたかった。この捜索に賭けているのは警察のプライドなんかじゃない。刑事の魂だ。お前らが賭けているのはせいぜい金と出世だろうが。そんなもんに負けるかよ。何も出なけりゃ刑事を辞める--そうとまで思いつめ、この朝を迎えたのだ。

赤松は言葉を無くして、柚木を見つめた。 「闘わないんですか、あの会社と」 「絶対に許せません。許すこともないでしょう」 柚木はいつか見せたのと同じ、頑なな表情を浮かべた。 「ですが、私たちにとって何が一番大切なのか考えたんです。過去は変えられない。だったら未来を変えていくしかない。私はもうこれ以上、あのホープ自動車といおう会社に人生をかき回されたくありません。これ以上戦うと、妙子との楽しい思い出まで歪んでしまうような気がする。私には他にするべきことがあると思うんです。この子のために、妻もきっとそうして欲しいというでしょう」 』

銀行という組織にいると、季節の移ろいを感じることもなくただ月日だけが過ぎていく。殺伐とした生活の中で、時として出会う季節感溢れる瞬間。それが、井崎には嬉しかった。

薄くなった額を見下ろした赤松の胸に浮かんだのは、この男もまたサラリーマンだなという思いだった。会社の都合と個人の都合を使い分け、体よく、つつがなく、定年まで勤め上げようというサラリーマンだ。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »