« 武士(おとこ)の紋章 (池波正太郎著 新潮社) | トップページ | 山岡鉄舟 (一) (南條範夫著 文春ウェブ文庫) »

2014年2月19日 (水)

蟹工船 (小林多喜二著 青空文庫)

特に書き残したい部分はありませんでした。非人道的な扱いをする監督には、読んでいて怒りを覚えましたが、この行為は資本主義とは関係なく、彼の個人的な資質と、当時の民度にかかわるものにすぎないと思います。著者が、それを資本主義のためだと考えたのは大いなる勘違いです。おそらくこの本における残虐行為よりもひどいことが、今でも、資本主義国ではない北朝鮮や中国で行われています。小林多喜二やそのシンパのおおいなる勘違いに憐れみを感じます。

« 武士(おとこ)の紋章 (池波正太郎著 新潮社) | トップページ | 山岡鉄舟 (一) (南條範夫著 文春ウェブ文庫) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蟹工船 (小林多喜二著 青空文庫):

« 武士(おとこ)の紋章 (池波正太郎著 新潮社) | トップページ | 山岡鉄舟 (一) (南條範夫著 文春ウェブ文庫) »